【体験談あり!】ダイエットに効果的なストレッチとは?

ダイエット

ダイエットをしたいけど

「激しい運動は嫌だ」
「食事制限は嫌だ」

このような悩みをお持ちの方いませんか?

そんな方に朗報です!!

「ストレッチで痩せる」こんな事聞いたことありませんか?

正直、激しい運動や食事制限をした方が確実に効果が出るのは早いですが、ストレッチでも痩せることは可能です。

実際に僕が今まで教えてきたダイエッターの方の体験談を含めながら、ストレッチの方法やこうについて紹介していきます。

もし、これからストレッチでダイエットをしたい方は最後まで記事を読んでください。

この記事を読んだらすぐに1種類でいいのでストレッチを試して見てください!

ストレッチのダイエットの効果とは?

ストレッチでダイエット?「は?」と思っている方も多くいらっしゃると思います。なので、まずはストレッチがもたらす3つの効果について紹介していきます。

① 基礎代謝のアップ

ダイエットに必須とされている「基礎代謝のアップ」です。

ストレッチでは、体を柔らかくする効果があります。基礎代謝が上がる要因の1つに血行の良さが関係しています。
筋肉を柔らかくすることで血行が良くなり、酸素や栄養素が筋肉に行き渡り、不要な老廃物を流すことができ、基礎代謝がアップします。

そのため、普段からストレッチで体をほぐし血行をよくしておきましょう。

② 成長ホルモンの分泌を活性化させる

成長ホルモンは、「脂肪を分解する最強のホルモン」です。この成長ホルモンは特に睡眠中の夜10時から夜中2時頃が一番分泌されます。

寝る前にストレッチをし。体をほぐすことで、自律神経のうちの1つである副交感神経を優位にし、寝つきを良くして睡眠の質が向上します。

③ 食欲制限

食欲が増す原因の1つとして、ストレスがあります。

このストレスは、ストレッチによって副交換神経の働きを正常にすることで抑えることが出来ます。

つまり、ストレッチをすることで、ストレスがが解消され、食欲が増すことは抑えられます。

ストレッチの効果的なタイミング

「寝る前がいい」「朝にやった方がいい」こんな意見聞くことありませんか?

『結局どっちがダイエットに効果的なの?』このように思っている方が多いと思います。

結論から話すと、どっちも効果的です。

しかし、寝る前と朝では効果が違うのでそれぞれ説明していきます。

ストレッチを寝る前に行うのが効果的な理由

ストレッチは基本的に体が温まっている状態で行うのが効果的です。

日常的に体が温まっている主なタイミングは「お風呂上がり」なので寝る前が効果的ということです。

ストレッチを朝に行うのが効果的な理由

朝から血流を促進することで、代謝をあげて日中の運動効果をアップさせる効果があります。

これは筋トレだけでなく、通勤や日々の家事など日常生活における動きに対して影響を与えます。

ダイエットに効果的な簡単ストレッチメニュー3選

ストレッチによるダイエットの効果と、行うと良い適切なタイミングを解説したところで、ここからは1分でできるダイエットに効果的な簡単ストレッチメニューを紹介します。

誰でも簡単に行えるので正しい方法をマスターして取り組んで行きましょう!

1. ゴキブリ体操(腕・お腹・太もも)

寝ながらダイエットの王道メニューです。

名前の通り仰向けになって脚と腕をあげて、ぷるぷる震えさせるだけで、むくみやお腹のインナーマッスルの強化、冷え性や肩こりの改善効果が得られるストレッチです。

ストレッチのやり方

  1. ベットや布団の上に仰向けに寝る
  2. 両手と両足を真っ直ぐにして上げる
  3. 2の時、90度に伸ばす
  4. 両足と両手をぷるぷると小刻みに震えさせる
  5. 4を1分間行う
  6. 終了

1分間がちょうどいい時間です。やりすぎると逆に疲れを溜めてしまうので、ゆるく行いましょう。

ストレッチのコツ

  • 両手両足を90度にするのがキツい場合は、軽く曲げる
  • 全身の力を抜いて行う
  • お腹の力で体を支えるイメージをすると効果的

簡単に行えますが、美脚効果のあるストレッチです。毎日行ってスタイルアップを図りましょう。

体験者の声

毎日朝と寝る前に行っていました。
1分でできるのでとても楽に継続出来ました!
継続が苦手な方でもこれなら継続できると思います。

2. 寝ながらストレッチ(太もも前部)

太もも前部の筋肉を伸ばせる寝ながらストレッチです。脚を曲げるだけのストレッチなので、体が硬いという方でも取り組みやすいメニューです。

ストレッチのやり方

  1. ベットや布団でうつ伏せになる
  2. 右手で右足の甲を持ち、膝を曲げてかかとをお尻に近づける
  3. 限界の状態で20秒間キープ
  4. ゆっくり戻し、左足も同じように行う
  5. 終了

太ももの筋肉がしっかり伸びていることを意識するとよりストレッチが効果的です。

ストレッチのコツ

  • 呼吸を安定させる
  • 足をしっかり曲げる
  • 力を入れずリラックスする

筋肉への刺激がじわじわ効いてくるので、それを感じならがら行いましょう。

体験者の声

脚痩せのために筋肉をほぐすという意味で私は行っていました。
結果として筋肉がほぐれ脚痩せも出来たので、とても嬉しかったです。
筋肉太りと感じている方は一度試してみるといいかもしれません。

3. 背伸びストレッチ(お腹・腰・肩)

腹筋を重点的にストレッチできる背伸びストレッチです。

座ってでも可能ですが、立った方が腹筋へ強い刺激を与えることができ、より一層スリムなお腹周りに仕上がります。

欲しく美しい腹筋を手に入れたい方は是非取り入れましょう。

ストレッチのやり方

  1. 足を肩幅くらいに開いて立つ
  2. 指と指を絡ませて両手を繋ぐ
  3. 両手を真っ直ぐ押し上げて、手のひらを返す
  4. 強く押し上げる
  5. 4の時、腕を耳に近づけて7秒間キープ
  6. ゆっくり戻す
  7. 1~6を5回繰り返す
  8. 終了

背伸びストレッチは、7秒×5回を目安に行うのがおすすめです。
腕を上げると同時にお腹を凹ませると、より腹筋のダイエット効果が得られます。

ストレッチのコツ

  • 顎を下げずに、ストレッチ中は前を向く
  • 両腕を同等の力で伸ばす
  • 腕を上げる時にお腹を凹ませる

このストレッチのコツは、腕を強く上に上げることです。
血行を良くして、脂肪が付きにくい体を作って行きましょう。

体験者の声

背伸びストレッチをダイエット目的で行っていたのですが、肩こりの解消も出来ました。また、腹筋も鍛えられるので、私にとっては最高のストレッチです。
デスクワークの多い方は、肩こりもあると思いますし、姿勢も悪くなっているはずなので、このストレッチで腹筋も鍛えるといいかもしれません。
私自身もデスクワークで肩こりと姿勢の悪さに悩んでいました。
毎日1分かからないので継続もしやすかったです。

ストレッチで行ってはいけない注意点とは?

効率的にストレッチを行うには、覚えておく注意点があります。ここでは、その注意点について紹介します。

① 反動を付けない

初心者がやりがちな「反動を付ける」です。

反動を付けてしまうと、筋肉に伸びが伝わらないどころか、最悪の場合腰痛などのリスクにつながります。

ストレッチはじわじわと筋肉に刺激を与えることが大前提です。決して反動は付けないようにしてください。

② やりすぎは痛みの原因になる

やりすぎはNGです。

なせなら、ストレッチをやりすぎてしまうと、体を痛めてしまう可能性があるからです。そうなると、血行が悪くなり、ストレスや睡眠不足に繋がる……なんてこともあります。

適度にストレッチをすることを心がけましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?

ストレッチのダイエット効果、やり方注意点などストレッチに関することはある程度理解出来ましたか?

これを読んで満足していては全く痩せません。

ですので、次の段階は「行動」です。この記事を読み終えたあとは必ずどれか1つストレッチを行うようにしてください!

タイトルとURLをコピーしました