【徹底解説】PFCバランスって何?

ダイエット

PFCバランスって聞いたことありませんか?

ダイエットを長い期間している方なら一度は耳にしたことがあるはずです!

今回はその『PFCバランス』について解説していきます。

『PFCバランス』について理解し、ダイエットを加速させてくださいね!

PFCとは?

PFCとは、健康を維持していく上で、主なエネルギー源となる3大栄養素です。

PFCバランス

PFCそれぞれの働き

PFCそれぞれの栄養素の働きを紹介します。

Protein/タンパク質

P(protein/タンパク質)は筋肉や血管、皮膚や髪などの身体組織の主成分になります。

人の体の約60%は水分で、15~20%はタンパク質でできています。

水分を除いた身体の約半分をタンパク質が占めると言えます。
筋肉、内臓、皮膚、髪や腱など、人の体の基礎を作るために必要な栄養素です。

Fat/脂質

F(fat/脂質)は細胞膜やホルモンの原料になり、さらにエネルギーを蓄える役割があります。

脂質は三大栄養素の中でもっともカロリーが高いのが脂肪です。脂質に蓄えられたエネルギーを利用して私達は日々活動しています。

また脂質には体温を保つ働きがあり、脂質の不足は皮膚のカサつきや低体温の原因です。

Carbohydrate/炭水化物

C(carbohydrate/炭水化物)は筋肉や脳などの主要なエネルギーです。

瞬発的な運動に使われ、筋肉のエネルギー源になります。そして、脳にとっては唯一の栄養素となります。

筋肉は栄養を蓄えることができますが、脳はたくわえることができません。体を動かしたり、頭を使うと消費されていくため、適度に補給が必要です。

さらに、炭水化物が不足すると、筋肉自体を分解してエネルギーを作ろうとするため、筋肉量が減り、基礎代謝が低下してしまいます。

理想のPFCバランス

P :15%(13-20%)
F: 25%(20-30%)
C :60%(50-65%)

こちらが理想のバランスと言われています。

PFCにはそれぞれ別の働きがあるため、3つバランスよく摂取する必要があるのです。

食品・食材のカロリー表示がどのような栄養素を表しているかを見て考える習慣を身に着けると、バランスの良い食事を摂ることが可能です。

どれか一つの栄養素を摂りすぎたり、炭水化物(糖質)制限や脂質制限のように一つの栄養素を摂取しないことは、肥満や、それぞれの働きを低下させる原因になります。

3つの栄養素をバランスよく摂取し、健康を維持しましょう。

タイトルとURLをコピーしました