GI値って何?小学生でもわかる解説!

ダイエット

「GI値」って聞いたことはありませんか?

ダイエットをのことを調べてことがある人は一度は聞いたことがある言葉ですよね。

今回は、その「GI値」について解説します。

GI値とは?

GI値とは、グリセミック・インデックス(Glycemic Index)の略で、食後血糖値の上昇度を示す指数のことです。

GI値が高い食材を食べると血糖値が急上昇します。
GI値が低い食材を食べると血糖値は緩やかに上昇します。

急激な血糖の上昇→糖尿病・肥満

急激な血糖の上昇は糖尿病や肥満の原因になります。

血糖値が上がると、インスリンという血糖を下げるホルモンが分泌され、インスリンの分泌が追い付かなくなると、食事から時間が経過しても血糖値が下がることなく高血糖の状態が続きます。

このような血液中の糖濃度が慢性的に高い状態を「糖尿病」と言います。

高GI値の食品を食べて急激に血糖値が上昇すると、膵臓からインスリンというホルモンが多く分泌されます。

このインスリンは

  • 血糖値を下げる
  • 脂肪を作る
  • 脂肪の分解を抑制する

という働きがあります。

つまり、高GI食品を摂取し、インスリンが多く分泌されると、糖尿病だけでなく、肥満の原因にもなります。

ダイエッターはできる限り低GI値の食品を選ぶことが重要です。

低GI値の食品とは?抜くより「選ぶ」が重要!

低GI値の食品には、「肉・魚などのタンパク質」「乳製品」「デンプン質以外の野菜」などが挙げられます。

逆に高GIな食品の代表はというと「炭水化物」
ご飯やパン、麺類などの主食と呼ばれる食べ物です。

よくある質問として、「炭水化物を抜けばいいのでは?」という質問が多くあるのですが、炭水化物は体を動かすためのエネルギー源として重要な栄養素です。

なので、低GI食を試みる時は食品を「抜く」よりも「選ぶ」ことをおすすめします。

GI値の分類

GI値は低・中・高と3つに構成され数値で分類されています。

低GI値:55以下
中GI値:56~69
高GI:70以上

食品別GI値一覧表はこちら

タイトルとURLをコピーしました