ヨーグルトは夜?朝?ダイエットに効果的なのはどっち?

ダイエット

ダイエットでヨーグルトは夜がオススメ!?

ヨーグルトは朝に食べるべきなのか、夜に食べるべきなのか。ここはダイエッターにとって大きな問題だと思いますので、今回の記事で全てを明らかにします!

「夜ヨーグルトダイエット」って?乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌がたっぷり入ったヨーグルト。食べる時間帯によってその効果を最大化することができると言われているのが、「夜ヨーグルトダイエット」なんです!

夜食べることでどのような違いがあるのでしょうか?そこで今回は、「夜ヨーグルトダイエット」の効果についてご紹介します!

夜に食べることでの違いとは?

違いその1

腸のゴールデンタイムに合わせて食べるのがベターな人間の体には、朝は排泄、昼は食べたものを消化し栄養を補給、夜は吸収というリズムがあります。こうした体のリズムには、腸内の働きが最も活発になる「腸のゴールデンタイム」があり、22時~翌2時がその時間帯だと言われています。この時間に合わせて、腸内環境を整えてくれる善玉菌の入ったヨーグルトを食べることで、腸のゴールデンタイムをさらに後押しすることができるというのが、「夜ヨーグルトダイエット」なんです。夕食の時間帯にヨーグルトを食べることで、夜間に善玉菌が働いて腸内が活性化し、腸内環境を整えて老廃物の排泄や有害物質を減らすなど、太りにくい体質作りに役立ちます。

違いその2

「夜ヨーグルトダイエット」の方法ヨーグルトを食べるタイミングは、基本的には夕食後。なるべく就寝の3時間前には食べ終えるようにしましょう。寝る直前や22時以降は太りやすいので、できれば21時までには食べ終わるようにしましょう。量は120g前後が目安。また、単体で食べるのではなく、料理に使ってもOKです。ただ、乳酸菌は熱に弱いので、なるべく加熱をしないで使いましょう。

違いその3

どんなヨーグルトを選ぶのか脂肪分の高いものや加糖タイプは避け、無脂肪や低脂肪のものがベスト!甘味を付けたい場合は、ハチミツを少量加えましょう。また、どの乳酸菌で効果が得られるかは人によって異なりますので、乳酸菌の種類が書いてあるものを選びます。一つの種類を2週間ほど続けてみて、自分に合ったものを見つけましょう!

最後に

いかがだったでしょうか?
今までヨーグルト=朝のイメージが強かったと思いますが、今回の記事を最後まで読んでいただいた方は早速ヨーグルトは夜に切り替えると思います。是非「夜ヨーグルトダイエット」を試してみてください。

コメント