アラサー女子あるある 急に始めたエクササイズでの失敗談6つ(アドバイス付き)

ダイエット

もうすぐ年末年始、年末年始にいっぱい食べるから今のうちからダイエットを始める女性の多いはず。
いろいろ経験してきたアラサー女子でも慣れないことをいきなり始めたら、失敗談や残念な経験だってもちろんあります。今回はそんな“あるある”をご紹介します!

1: スタイリッシュなウェアやシューズを買っただけで満足してしまった

雑誌で見たモデルさんのステキなアクティブウエアに憧れて一式買いそろえた。でもいざ自分が着てみるとなんだかイメージ通りじゃないし、ボディも引き締まっていなくてカッコ悪い。結局、カタチから入ってみようと思ったけど、やる気が続かずすぐに飽きてしまった。せっかくのウェアもお蔵入りという残念なことに。

1pointoアドバイス
最初はウェアが似合ってなくてもOKです。エクササイズの回数を重ねていくうちに段々似合ってきます。

2: 思った以上に体が動かなくて、ひどく落ちこんだ

学生時代は運動部でかなり活発だったし、多少のブランクはあってもすぐに調子が戻るでしょう……なんて甘く見ていたら大間違い! やっぱりアラサーの体は10代の頃とは全然違います。思った以上に体は動かないし、疲労感は2、3日ずっと抜けないし、なんだか落ちこむことばかり。せっかく運動を始めてみようと思ったのに、情けない自分の姿を思い知らされた感じがするばかりです。

1pointoアドバイス
いきなりハードな運動をしてはいけません。最低でも1週間は続けられるメニューからはじめましょう。

3: ヨガのレッスンで他人の目が気になって集中できない

アラサー女子で激しい運動が苦手な人でも始めやすいヨガは、その分初心者でもトライしやすいのですが、いざレッスンに行ってみると思わぬ落とし穴が。
それは、同じスタジオ内にいる人たちの視線がどうにも気になって集中できないというもの。距離は近いし、しかもポーズがちゃんとできているかどうかとかなど、気になってしまうものです。慣れてしまえば問題ないのでしょうが、慣れる前にどうにも気恥ずかしくて続かなかったという声も。

1pointoアドバイス
レッスン会場で友達を作ることがオススメです。
友達ができれば、今後のレッスンにも役立ちますし、ダイエットの情報交換もできる場合も!!

4: せっかくかなりの運動量をこなしたのに、その分たくさん食べてしまった

ハードなエクササイズで相当量のカロリーを燃焼して達成感バッチリ! さあお腹も空いたからしっかりタンパク質(主に肉)を食べようという気分になってしまう女子も実は多数。
「だってあれだけ運動したんだから、ちょっとくらい多めに食べても大丈夫でしょ。頑張った自分にごほうびをあげたい気分!」なんて思っていると、大幅に食べ過ぎてしまいがちです。「運動しているのにちっとも痩せない」のは、それなりの理由がちゃんと存在しているんです!

1pointoアドバイス
摂取カロリーが消費カロリーを上回ると痩せないですね。なので、しっかりと食事のコントロールをしましょう!

5: ジムに入ったけど1か月で行かなくなった

これも鉄板な“あるある”。ひとりでは続けられなくても、ジムに入会してお金も出せばモチベーションが続くはず、という期待感から始めたはずなのに、結局すぐに飽きてしまって続かなかったというパターン。せめて独身イケメンのインストラクターか、一緒に通えるお友達でもいれば、まだ続けようという気にもなるのですが……。

1pointoアドバイス
そんなあなたはパーソナルトレーナーがオススメ!
マンツーマンで教えてくれるので、ダイエットが続きやすい。

6: エクササイズしているのはSNSに投稿するための“ネタ”でしかない

ヨガ・ピラティス・ランニング……なんであれエクササイズをいざ始めてみて、すぐに思いつくのはSNS投稿。そう、エクササイズする究極の目的はSNSでのアピールなのです。「こんなにアクティブな私を見て!」というエゴにはもちろん自分でも気づいているけどやめられません。結局SNSのための“ネタ”でしかないのだけど、でもそれでなんとか続いているなら結果オーライじゃないかと思っています。

1pointoアドバイス
継続の手段としてはgood!ダイエットにおいて重要なのは「行動」と「継続」この2つができているならOKです!

最後に

いかがでしたか? アラサーになって始めるエクササイズ、それは体力や時間だけでなく、自意識との闘いという面もあります。とはいえ体を動かすってやっぱり気持ちのいいものです。みなさんも全力ダイエットです!!

コメント