痩せたいなら腹筋より〇〇

みなさんは痩せるために腹筋ばっかりしていませんか?
それ間違っていますよ。
本記事では、腹筋より効率よく痩せる筋トレを紹介します。

腹筋500回=スクワット15回

同じ筋肉量を増やすのに腹筋は500回のところ、スクワットでは15回で済んでしまうのです。

スクワットで鍛えることのできる筋肉は、人間の身体の中で一番大きな筋肉なのです。
だから筋肉を鍛えてダイエットをするという点では、腹筋よりも圧倒的にスクワットが重要になります。

スクワットで鍛えられる筋肉

そもそもスクワットでどこの筋肉が鍛えられるんですか?
という質問がLINE公式アカウントの方で多く寄せられているので、この場を借りて回答していきたいと思います。

スクワットで鍛えられる筋肉は、大腿四頭筋・大臀筋が主となってきます。この二つの筋肉はとても大きく鍛えるならまず最初に鍛えたい筋肉です。

大腿四頭筋・大臀筋とは?

大腿四頭筋

大腿の前面にある強大な筋肉。大腿直筋・外側広筋(腓側広筋)・中間広筋・内側広筋(脛側広筋)の四頭筋からなり、歩行や直立に重要な働きをする。

大臀筋

お尻を形成する大きな筋肉で単一筋としては人体の中で最も大きい筋肉です。
大臀筋は主に股関節の伸展動作に働き、その他に股関節を外旋させる作用も持ちます。

LINE公式アカウント追加にて、大腿四頭筋・大臀筋の鍛え方をレクチャー

LINE公式アカウントに追加(登録)していただければ、無料で筋トレやダイエットについてのノウハウを無料でプレゼント!
詳しい受け取り方は以下画像をクリックしてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする